山本ゆりさんの『サバ缶と塩昆布の炊き込みご飯』を作ってみた!レシピ通りに作った感想をレポート

山本ゆりさんのレシピブログをいろいろ見ていたら、とっても気になるレシピがあったので、今日は、サバ缶と塩昆布でつくる炊き込みご飯『昆布めし』に挑戦してみようと思います。

サバ缶と塩昆布の合わさったサバ缶昆布めしの炊き込みご飯は、作る前から絶対においしい!!と思っていましたが、作って食べて、もう山本ゆりさんに感動!!

簡単に作れて、これは美味しすぎる…!!

RiRi

ダイエット中でご飯を控えている私もこのサバ缶昆布めしには負けて、沢山食べてしまうほどでした。

山本ゆりさん考案の人気レシピを作ってみた感想をレポートしていきたいと思います。

目次

山本ゆりさんの『サバ缶と塩昆布の炊き込みご飯(昆布めし)』の材料

山本ゆりさんの『サバ缶と塩昆布の炊き込みご飯(昆布めし)』の材料はこちらです☆

山本ゆりさんの『サバ缶と塩昆布の炊き込みご飯(昆布めし)』の材料
  • お米
  • 塩昆布
  • サバ水煮缶
  • その他自分の入れたいもの(愛情も!w)

山本ゆりさんのレシピブログって材料のところにもクスっと笑えるボケとツッコミがあって面白いんですよ~( *´艸`)

お米2合とサバ缶1個に対して塩昆布は大体こんなものかな?と用意してみました。

 

山本ゆりさんの『サバ缶と塩昆布の炊き込みご飯(昆布めし)』のレシピ・作り方

山本ゆりさんのサバ缶と塩昆布の炊き込みご飯(昆布めし)』をレシピブログの作り方を見ながらさっそく作っていきたいと思います。

1. お米を洗ってお釜に入れ、サバ缶の汁と水をメモリのところまで加えます。

山本ゆりさんの『サバ缶と塩昆布の炊き込みご飯(昆布めし)』のレシピ・作り方1

この時に、サバ缶の身が多少入ってしまってもOKです♪
栄養のある水分なので、そのまま調理に使うことができて、とっても無駄がないです。

山本ゆりさんの『サバ缶と塩昆布の炊き込みご飯(昆布めし)』のレシピ・作り方2

2. 塩昆布を水に浸るように入れ、炊きます。

山本ゆりさんの『サバ缶と塩昆布の炊き込みご飯(昆布めし)』のレシピ・作り方3

この山本ゆりさんのサバ缶の炊き込みご飯のレシピでは、サバ缶と昆布だけで炊くんですが、今回私は人参と舞茸も加えてみました。

山本ゆりさんの『サバ缶と塩昆布の炊き込みご飯(昆布めし)』のレシピ・作り方4
RiRi

より健康的になるかなーなんて。

山本ゆりさんの『サバ缶と塩昆布の炊き込みご飯(昆布めし)』のレシピ・作り方5

3ごはんが炊きあがったら、サバ缶の身をほぐしながら混ぜます。

山本ゆりさんの『サバ缶と塩昆布の炊き込みご飯(昆布めし)』のレシピ・作り方6
RiRi

おいしそう!!

結構しっかりほぐすと食べやすいです。

がっつり塊の身を食べたいというかたは大きめにほぐす等、みなさんのお好みの大きさに調節してくださいね!

ここで私は、炊飯器を保温にして食事の時間まで、蒸らしました。

RiRi

香りが良くて、感動しますよ!

~完成です~

山本ゆりさんの『サバ缶と塩昆布の炊き込みご飯』を作ってみた!レシピ通りに作った感想をレポート

山本ゆりさんの『サバ缶と塩昆布の炊き込みご飯(昆布めし)』をアレンジ

今回は山本ゆりさんの炊き込みご飯のベースのレシピに、ニンジンとまいたけを加えてみました。

この山本ゆりさんの『サバ缶と塩昆布の炊き込みご飯(昆布めし)』がとっても気にいたので、後日別のアレンジでも試してみましたよ~♪

枝豆・チーズ入り

山本ゆりさんの『サバ缶と塩昆布の炊き込みご飯(昆布めし)』をアレンジ

子供が好きな、枝豆、チーズを加えて、彩りも楽しくカルシウムや野菜を摂取できるようにしてみました。

さまざまなキノコを加えて秋の炊き込みご飯

山本ゆりさんの『サバ缶と塩昆布の炊き込みご飯(昆布めし)』をアレンジ

秋はキノコがおいしいので、しめじや舞茸なども加えてみました。

山本ゆりさんのレシピサイトには、サバ缶の代わりにツナ缶でもできると書いてありました!もう何でも応用できるのでイイですね♪

山本ゆりさんの『サバ缶と塩昆布の炊き込みご飯(昆布めし)』を作ってみた感想をレポート

山本ゆりさんの『サバ缶と塩昆布の炊き込みご飯(昆布めし)』を作ってみた感想をレポートします!

作ってみた感想

山本ゆりさんの『サバ缶と塩昆布の炊き込みご飯(昆布めし)』を作ってみた感想とちしては、特に気を付けるポイントはないくらいとっても簡単でした。

かかった時間は、準備に5分であとは炊飯器が炊けるのを待つだけ♪

材料も、サバ缶・塩昆布・お米の3つさえあれば後は自在にアレンジ出来るのもよかったです。

忙しい主婦でも、パパっと栄養のある食事を作れるのでかなりおススメなレシピです★

炊き込みごはんの出来上がりの硬さですが、山本ゆりさんのレシピどおりメモリちょうどに水分を入れるとやや硬めになります。

軟らかめの炊きあがりが好きな方は、線よりやや上のメモリまで水を入れると良いと思います。

レシピどおりの硬めの炊きあがりだと、結構パラパラになるので、お弁当に入れる場合や、子供や高齢者がいる家庭では、やや軟らかめに炊くといいなと感じました。

~炊きあがりのご飯に芯が残ってしまったら~

1合の米に対して水を50ccほど加え軽くなじませてから、炊飯をし直すと良いです。
または、お茶碗1杯分に対して水30㏄を振りかけて2分ほど電子レンジで加熱。その後少し蒸らしておいてもOKですよ。

作ってみて、味にムラがないようにするため、まんべんなく散らばせて炊くといいなと思いました。

かきまぜてお米と具材が混ざってしまうと、お米が具材の上に乗ってしまうので、お米が上手く炊けなくなってしまいます。

食べてみた感想

とても簡単だったのに、簡単に思えないくらいおいしかったです!!

まず香りが良く、食べても美味しい~!が口の中に広がります。

RiRi

家族も大満足の味でした。

何よりも私自身がはまってしまいましたし、リピート間違いなしです。

強いて言うなら、塩分が高い献立になってしまうかもしれないので、他のおかずを考えた方がいいかもです。

塩昆布は一袋(28g)のものを私は使用しましたが、しっかり味がついていました。

塩分を控えたい場合は、塩分控えめの塩昆布をあらかじめ購入するか、量で調節するか、味のない具材を加える等、さまざまな工夫をするといいかなと思います。

おわりに

以上、山本ゆりさんの『サバ缶と塩昆布の炊き込みご飯(昆布めし)』を作ってみた感想をレポートしました。

冷凍保存で2週間~1か月は保存できるみたいなので、多めにつくって小分けにして冷凍しておくのも良いですね。

私も自信をもって、オススメできるレシピなので、みなさんも作って大切な人たちと笑顔の食卓を囲んでください!

一人で食べる時もきっと幸せな気持ちでいっぱいになりますよ。

山本ゆりさんのレシピ本

山本ゆりさんの新しいレシピ本『syunkonカフェごはん7 この材料とこの手間で「うそやん」というほどおいしいレシピ』はこちらです。

山本ゆりさんのレシピはどのレシピも、おいしくてハズレがないので大好きです。

参考サイト:山本ゆりさんのアメブロ

今回、山本ゆりさんの『サバ缶と塩昆布の炊き込みご飯(昆布めし)』の作り方やアレンジ方法の詳細は、山本ゆりさんのアメブロのこちらのサイトに載っています。

詳しいレシピを知りたい方は、ぜひチェックしてくださいね。



よかったらシェアしてね!
目次
閉じる